読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PASSPO☆を全力で応援したい

PASSPO☆が好きになった。

この1週間くらいで急激にハマったにわかファンではあるのだが、とにかく今のPASSPO☆を応援したくてたまらなくなって、この文章を書いている。

 

アイドルファンとしての僕は、いわばライトな楽曲派。2011年にももクロとBiSをきっかけにしてアイドルポップスもよく聞くようになったが、足繁く現場に通う訳ではなく、録音物や映像でアイドルポップスを消費してきた。ぱすぽというアイドル自体は「少女飛行」が1位を取ったころから知ってはいた。アイドルフェスの中継なんかでライブ映像を見ることもあった。ロック寄りの楽曲をやっているのも分かってはいたのだけど、パフォーマンスを見てハマることはなかった。申し訳ないけど。

 

が、こないだSpotifyでアイドルポップスを漁っていて、改めてPASSPO☆の楽曲をちゃんと聞いてみた。”Honey dish”という曲が好みだな、メインボーカルの声が好みだな、というのをとっかかりに他の曲を遡って聞いているうちに、好きになっていた。好きになると勢いがついて、Wikipediaでこれまでの歴史やメンバーのことを調べた。2年前に重要メンバーの卒業という節目があったことや、バンド体制での活動も始めていることも知り、Youtubeも見まくった。

 

知れば知るほど、見れば見るほど、「今の」PASSPO☆を応援したくなってしまう。結果、こんな余計な文章も書いてしまう有様だ。

 

1. BAND PASSPO☆という生々しい可能性

「アイドルがバンド体制でも活動」と聞いて、とりあえず「そういう体でちょっと目先を変えてみたってやつね」と思うわけだ。

 

バンド演奏初お披露目イベントの映像がある。2014年のもの。演奏シーンは5分くらいから始まる。


PASSPO☆ 3.24ドキュメント

 

まず驚きなのが、ガチで演奏しているじゃないか、と。そして、それがまた下手じゃないか!と。
いや、このレベルの演奏にも、それなりの練習が必要なのは理解してますが。人様に見せる演奏としては、正直、対象に思い入れのある人じゃないと楽しめない、発表会レベルのものではある。つまりは余興。普通はこれを活動の軸に置こうとは思わないだろう。

ところが。


BAND PASSPO☆ - WANTED!!

ガチ演奏でイベントに出演して、オーディエンスを盛り上げるレベルまで達してしまうのだな。

もちろんまだ下手だ。でもその未完成ささえも、今のBAND PASSPO☆にとっては魅力。
昨今、ルックスがよくて演奏力のあるギャルバンなんてたくさんある。でもBAND PASSPO☆は、「アイドルが、アイドルである事を捨てずに、必死でバンドでもあろうとする様」を、生々しい現在進行形の可能性として見せてくれる。

クールビューティなドラム&ツインテールベースのリズム隊の安定感。パワフルなメインボーカル森詩織は当然素晴らしい。のだが、ともすればアイドルを忘れて「普通のギャルバン」なムーブに行きがち、なところを、絶妙な存在感でアイドルらしさを失わず、バンドと森詩織とオーデイエンスをつなぐ「タンバリン担当」なちゅ。
反面、ギター部隊は棒立ちで俯きがちだし、グループいちばんのアイドル性があるはずのキーボードはバンド体制ではいまいち目立ち方が見えてない、とか、ツッコミどころは色々ある。
でも、元より楽曲がよくて、演奏を支えるリズム隊とボーカルも良いので、楽しめる演奏にはなっているし、後は「成長の過程」と思えば「足りないあれこれ」は伸びしろにしか感じられない。
「今、足りない」ことよりも、「今この瞬間の過程」を見られる事の幸福を感じてしまう。

そして、それは、アイドルグループがもたらしうる最高のエンターテインメントだと思うのだ。

 

2. (本来の)ボーカル&ダンスグループとして完成度

 

そして、ボーカル&ダンスを基調にしたアイドルグループとしてのPASSPO☆の完成度が、素晴らしい。ファンからすると何を今更、なのだろうけど。

 

明るくキュートな曲調と裏腹に、スキルを見せつけるかのように極狭な場所でのフォーメーションチェンジを繰り返したりとか


PASSPO☆「Mr.Wednesday」ダンスショットver

 

まぁとにかく振り付けと表現力が素晴らしかったりとか


PlayGround ダンスショット

 

3. PASSPO☆というグループ自体が持つ物語性

 

そして、今ここ、そしてこれからのPASSPO☆というグループ自体が持つ物語性。

正直、これはずっとグループを追ってきた人が語るべきだし語っているだろうしむしろ語るのも野暮、な気もするけど。あえて。

2015年にグループの顔というべき人を含むメンバーの卒業、シングルリリースのない期間、レーベル移籍を経てのRe:デビュー。
そこにかける想いの本当の質量は、にわかファンにはわからないけれど…

改めての自己紹介ソングのサビに「何度も立ち上がれ」「あたしらは不死身なんだ」という歌詞を入れて、タイトルを”7s up”と名付け、誰一人欠けない覚悟を見せるほどには、ドラマチックだったのだろうし期するものがあったのだろう、と想像する。


PASSPO☆「7's Up」リリックビデオ

そんな物語性とかわいい女の子の必死さを見たら、それはやっぱり感情移入したくなるし応援したくもなるってものだ。
(個々人がアイドル然としておらず各人各様の隙があって、それがまたがんばれベアーズみたいで楽しかったりもする)

 

ともあれ、うだうだ書き連ねてきた事はさておき、楽曲の素晴らしさ、ボーカルの魅力、移籍してさらに格好良くなったサウンドプロダクション、という理屈抜きの魅力はあって。
さらに、パフォーマンスの完成度、BAND PASSPO☆という複層的な魅力、グループとしての物語性が加わったPASSPO☆には、もう全開のポテンシャルと可能性しかないと思うのだ。

 

そんな訳で、全力で今のPASSPO☆に賭けたい、応援したい、と思う訳であります。